管理人レポート

管理人が思ったことを率直に述べていこうと思うこのコーナー。利用者の目から判断した意見を述べていきますぜ☆

消費者金融についてですが、第一印象・・・良いイメージなんてみじんも感じません。だって一昔前にはサラ金なんて呼ばれてたんですよ?そりゃぁイメージ悪くても仕方ないですよね。でも実際調べていく内に分かってきたことなんですが、業者側もかなり優しくなってるみたいですね。まぁごく稀に手荒な取立業者などが出てきたりしてるみたいですが、それでも前に比べたら雲泥の差で良くなってきているようです。「サラ金」と呼ばれていたのはどうやら業者側からしてもかなり印象が悪かったようで、イメージアップを図るために「消費者金融」という名目にチェンジしたようですね。いつサラ金から消費者金融に変わったのかは管理人にも分かりません。ただ一つ言えるのはこれは消費者金融業者の凄まじいPR活動によりその言葉が浸透したのだと思います。

金利に関してもかなり緩和されているようで、一昔前に比べたらかなり金利が下がったと思います。消費者金融が出来上がった頃なんて金利が100%を超えている業者なんかもあったそうですからね。正直そんなの人間がすることじゃねぇ!って感じですよねww
今は最高でもその3分の1くらいですかね。利用者からしたらかなり入り口は広くなって使い勝手が広がったかと思います。特に短期的に借りるという面についてはこの上なく利用価値があるように思いますね。10日くらいなら利息も400円位って所もあるそうだし。
管理人はまだ消費者金融を利用したことはありませんが、もしかするとこれから利用する機会があるかもしれません。ま、その時はこのサイトを見直して頭に叩き込みますよ(笑)皆さんもこのサイトを見て少しでも参考にして頂けると管理人も幸いです☆

多重債務の解決方法

多重債務、言葉の通り複数の借金を背負ってしまうことです。聞いただけでゾッとしますよね。。。
誰だって出来ることならなりたくない多重債務ですが、なりたくなくてもなってしまうことはありますよね。そこでそんな人の力になるべく多重債務解決への近道を紹介してみました!根本から少しずつ見直していくことが肝心ですよ☆多重債務をする前にクレジット枠 現金化も検討するといいかもしれません。もちろんクレジット枠現金化 違法ではありませんので、安心して下さい。ですが、中には違法業者もいますので気を付けないといけないのも事実です。

返済プランの根本的な見直し

返済がどうにも厳しい状況に陥ってしまった場合、返済プランを根本から見直さなければなりませんよね。多くの場合は、返済する額を予定より減らすなどして利用期間を伸ばすことになるでしょう。ただし、このような対応は、返済前の返済プランにある程度の余裕を持っていないと対応することは不可能です。毎月決められた最低額をギリギリで返済できる、というような返済計画を立てていたのでは、いざというときに対応できるはずがありません。消費者金融を利用する際には、事故や病気などの不測の事態をしっかりと想定してゆとりのある返済プランを考えて借り入れをするようにして下さい。とは言っても計画的に利用できる状態なら消費者金融なんて利用しない!と言う意見もあるように、実際に借り入れをする際は余裕のない方が確実に多いでしょう。

  • 実際の所、返済プランの見直しだけでこれらの問題が解決するかと言えば少ないと思いますが、月々の返済額や、現在の返済状況を再確認することなどは、自分の問題点を正確に把握することができ、問題を解決するためには欠かせない作業です。そう言う意味も込めて、返済が厳しくなってしまった場合は、自分の返済プランを見直してみて下さいね。

早期対応が基本中の基本

返済計画に狂いが生じた場合は、早め早めに修正していくことが大切です。他の消費者金融業者から借り入れを繰り返して返済をまかなう、と言うような一時的な解決方法は絶対お勧めしません。
なぜなら、状況の改善の糸口が確定的では無い状態で、根本的な解決法を後回しにしていると、知らず知らずの内に問題は深刻化してしまいます。そうならないためにも早い段階での解決策を考えることが必要です。

早期対応を図るためには、自分が置かれている事態の深刻さにいち早く気付く事が何よりも大切です。事態の深刻さを知るための一つの目安として、元金の増減を確認すると良いでしょう。毎月の返済が滞らずに元金が少しずつでも減っているならば、状況は解決の方向に向かっていると言えるでしょう。しかし、元金が減っていなかったり、あるいは更に増えてしまっているという状況は、かなり深刻な状況だと言えるでしょう。

 

完済が不可能なら債務整理
  • 借金の返済額が膨らんでしまい、完済が不可能であると判断した場合は、いち早く対応しなければなりません。完済が状況的に難しい場合、対処法の一つとして、債務整理なるものが挙げられます。債務整理というのは、借金の総額を返済可能な金額まで引き下げる、それか返済の義務自体を放棄してしまう手続きの事で、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産、というこの4種類が主な債務整理の種類となっています。
    債務整理を行えば、借金を返済するという問題は一応解決しますから、借金を返せないといって自暴自棄になんてならないで、一人で悩まず専門家に相談することをお勧めします。
    ですが、債務整理にもデメリットは存在します。債務整理をしないで済むのであれば、それはそれに越したことはありません。債務整理はあくまでも万が一の緊急的な措置であると考えておいて下さい。
pickup
JAL
https://www.jal.co.jp/

2016/12/21 更新

消費者金融リンク

アコム

http://www.acom.co.jp/

武富士

www.takefuji.co.jp

プロミス

www.promise.co.jp

三洋信販

www.pocketbank-e.com

レイク

www.lake.co.jp