管理人レポート

管理人が思ったことを率直に述べていこうと思うこのコーナー。利用者の目から判断した意見を述べていきますぜ☆

消費者金融についてですが、第一印象・・・良いイメージなんてみじんも感じません。だって一昔前にはサラ金なんて呼ばれてたんですよ?そりゃぁイメージ悪くても仕方ないですよね。でも実際調べていく内に分かってきたことなんですが、業者側もかなり優しくなってるみたいですね。まぁごく稀に手荒な取立業者などが出てきたりしてるみたいですが、それでも前に比べたら雲泥の差で良くなってきているようです。「サラ金」と呼ばれていたのはどうやら業者側からしてもかなり印象が悪かったようで、イメージアップを図るために「消費者金融」という名目にチェンジしたようですね。いつサラ金から消費者金融に変わったのかは管理人にも分かりません。ただ一つ言えるのはこれは消費者金融業者の凄まじいPR活動によりその言葉が浸透したのだと思います。

金利に関してもかなり緩和されているようで、一昔前に比べたらかなり金利が下がったと思います。消費者金融が出来上がった頃なんて金利が100%を超えている業者なんかもあったそうですからね。正直そんなの人間がすることじゃねぇ!って感じですよねww
今は最高でもその3分の1くらいですかね。利用者からしたらかなり入り口は広くなって使い勝手が広がったかと思います。特に短期的に借りるという面についてはこの上なく利用価値があるように思いますね。10日くらいなら利息も400円位って所もあるそうだし。
管理人はまだ消費者金融を利用したことはありませんが、もしかするとこれから利用する機会があるかもしれません。ま、その時はこのサイトを見直して頭に叩き込みますよ(笑)皆さんもこのサイトを見て少しでも参考にして頂けると管理人も幸いです☆

返済方法について

月々の返済期日の設定方法

返済期日の設定方法というのは、消費者金融業者によって、いくつかの方法に別れていますので、この機会に覚えておきましょう。
まぁごくごく一般的なのが、毎月1回返済期日を設けることですかね。これは、利用者が返済期日を設定する方法と、業者が設定する方法の2つの方法があります。いずれにしても毎月の特定日が返済期日になるため覚えやすくて、うっかり返済日を忘れてしまう、と言う可能性は極めて低いでしょう。

1ヶ月返済サイクルの他、35日サイクルで返済日を設定していく、と言う方法もあります。返済までの猶予が長いという点では非常にありがたいのですが、毎月の返済が同一日とならないため、うっかり忘れが生じやすいともいえるのです。また、1ヶ月サイクルよりもわずかにゆとりがある反面、利用期間も多少伸びてしまいがちです。

月に何度でも返済可能

消費者金融から借り入れを行った場合、毎月返済する必要もありますが、なにも月々の返済が1回と決められている訳ではありません。返済も借り入れと同じく、何度でも行うことが出来ます。
これには手数料もかかりませんし、短期間で完済するほど利息は少なくなっていくので、余裕のある場合には、積極的に返していくと良いでしょう。

ただし、短期完済を意識しすぎて、翌月の最低返済額を用意できない、何て事は無いようにして下さいね?基本的には毎月1回、自分で返済額を決めて計画的に返していきながら臨時収入が合った場合などに追加で返済する、と言う形が一番良いのでは無いかと思います。

 

返済期日に遅れてしまうと・・・

返済期日に遅れると、業者から確認の連絡がきます。期日から連絡までの期間は業者によって多少異なるようですが、初めて遅延した場合は、期日の翌日には連絡があるでしょう。
連絡があった場合、いつ返済できるのかを伝えれば、特に問題はありません。しかし例えば、本日中に支払います。などといっておきながら、払わないようなことがあると、業者に不信感を持たれてしまいますし、利用限度額の減額や、カードの利用自体を止められると言う事態にもなりかねません。返済が厳しい場合には、正直にその旨を伝え、対応方法を仰ぎましょう。多重債務の解決方法についてはこちらをご覧ください。

check

2014/10/29 更新

消費者金融リンク

アコム

http://www.acom.co.jp/

武富士

www.takefuji.co.jp

プロミス

www.promise.co.jp

三洋信販

www.pocketbank-e.com

レイク

www.lake.co.jp